弁護士紹介

知的財産権に関する訴訟に
真摯に向き合います

訴訟を経験されたことのない企業担当者も少なくないと思います。
まずは知財訴訟についての基本的な情報収集は是非このサイトをご活用ください。
また、知財訴訟は技術的・専門的な訴訟ですので、分野に明るい弁護士を味方に付けておくことも非常に重要です。様々な訴訟を承ってきた私が、企業に最適な対応策を提案します。

弁護士 松本 賢人

早稲田大学 政治経済学部 卒業/元東海大学法科大学院 准教授

経歴
東京都江東区生まれ。
早稲田大学高等学院卒。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。平成11年司法試験合格。司法修習(54期)。
第二東京弁護士会弁護士登録(高齢者・障がい者総合支援センター運営委員会・知的財産法研究会)。
平成17年弁理士登録。
平成20年から東海大学法科大学院にて公法(憲法・行政法)アカデミック・アドバイザーを担当し、平成23年10月、東海大学法科大学院准教授(行政法)就任
(平成29年3月まで)。
平成22年から世田谷区人権擁護委員(平成30年まで)。
令和元年8月23日、鳥飼総合法律事務所から独立し、弁護士法人松本総合法律事務所設立。
取扱分野
相続、知的財産

ご依頼者様からの声

ご相談をいただいた方から温かいお言葉をいただきました。皆様ありがとうございます。
ここでは、ご依頼者様からいただきましたお声の一部をご紹介させていただきます。

○○様

今回松本先生には私たちの困難な案件を納得できる形で解決していただきましたことを、この場をお借りして御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。

この度、松本先生とご縁があり、遺産分割調停の代理人をお願いいたしました。
相続が発生してから調停に至るまでの数年間は嫌な思いを沢山し、体調を崩し、入院までして、相続の恐ろしさで眠れない日々が続いていました。

そんな私たちに対し、松本先生は相談初日に「私が盾になります。それが弁護士の役目ですから。何かあったらすぐ言って下さい。」と言ってくださり、とても心強く安心して調停に臨めました。

先生は、とても親身になって話を聞いてくださり、こちらの質問にも本当に的確な答えをいただけました。そして何よりも調停を、覚悟していたよりも短期間で、納得できる結果に導いてくださりました。いくら感謝しても足りないくらいです。

そして依頼者にとり重要な費用の面ですが、とてつもなく高額と考えていた弁護士費用も、とても良心的な金額だと思いました。
実は相続発生後、何件か他の弁護士事務所に相談へ行ったこともあるのですが、先生方の対応も納得できるものでは無く、提示された料金も正直とても高額でお願いできるものではありませんでした。

その経験からも、松本先生は、様々な面で本当に困っている人の味方だと感じました。
現在は調停も終わり、それにかかわる諸手続きもほぼ終わりに近くなってきましたが、松本先生と出会えなかったら今こうしていられなかったことでしょう。きっと亡くなった両親が先生と出会わせてくれたのかもと思い、良い先生にたどり着けたことを毎日感謝して生活しています。

もし相続問題で心を痛めている方がいらっしゃいましたらぜひ松本先生にご相談されることをお勧めしたい気持ちでいっぱいです。

事務所案内

所属事務所
弁護士法人 松本総合法律事務所

当事務所は、クライアントの皆様のかかえている悩みや問題点を受けとめ、事務所スタッフ全員の英知を集め、その総合力によって、クライアントの皆様の悩みの解消、問題の解決を行ないます。業務を通じて、クライアントの皆様がより幸福となれるように最大限の努力し、少しでも皆様のお力になれるよう尽力する。これが松本総合法律事務所の理念です。

事務所名
弁護士法人 松本総合法律事務所
所長
松本 賢人
職員数
2名
相談室
2部屋
開所年月日
令和元年8月23日
所在地
〒104-0031
東京都中央区京橋2-12-9
ACN京橋ビル6階
TEL
03-3538-6900(直通)
FAX
03-3538-6901
執務時間
9時~18時